スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたスクライド

絶影最終への道は険しい

ちょっとガル茂君がいまいちだったので、次なるテスト段階へ。
なんか変なのいっぱい入ってますwwwwww
なんかもう普通は使わないようなカードを使ってみるほかには道が無くなって来ました。

ガル茂くんは、展開によっては真打ちでの展開が必要になるのと、魂があった方が成立しやすいっていうので、結局2枚での動きは無理臭い。
3枚で行くならこういうのもありだね。相手にカード引かれるというデメリットも無いし。

雲慶で使わせたコストテキストの効果を絶影で消す。
特に絶影(最終形態)に拘らない場面においても、テキストの無効化は有効でしょうってことで。

適当な乗り物が思い当たらなかったんで、最悪の脚本を。
基本はGになるんだけども、敵軍部隊先頭のユニットテキストのプレイ権が貰えるので、働く場面もあったりなかったり。エース2が重たくてスーパーピンチが使いにくくて、あらぬ方向へ向かっています。

ここまで敵軍のテキストをどうにかする方向を目指すなら、無常さんをユニットで入れてもいい気もしてます最近では。
FC2 Management

黒青境界線のスクライド

緑川君と杉田君

こないだ連れの赤単ガオガイガーとやったら、絶影(最終形態)が火を吹いた。
バーストから絶影おいて、「みのりさん!」「水守です・・・。」で、結構圧せる。
あの高機動馬鹿にできん。

青と黒両方の場を作ってみたけど、ガオガイガーなんかとやる場合は、青側の方が圧倒的にやりやすい。
青側も青側でしっかりと強い部分はある。
これは何とかして、ちゃんと絶影(最終形態)用の場を作る事も想定せねばなるまいて。

で、出来たのがこれ。

「みのりさん!」にしろ、「自慢の拳」にしろ、スクライドがダメージを相手に入れにいくには、何らかの手段で資源3がかかる。
今回入れてみた、立花・宗茂が「絶影の場でダメージを通す為の3資源」という認識。
交戦即全ての本国に3ダメ。多少引かれるけど、ボードアドは徐々に詰めていけるだろうて。
そこらを3点回復で埋めて、サイズアップが図れるネイト。セットカード(キャラ)を外しにいける球ショット。

いざ試してみると、脚部からカズマはいいとしても、絶影の場合は、脚部のエース2の処理が難になってくる。
単品で動けるカズマとは違って、絶影はもう1枚いるわけだけど、それは脚部じゃない。そのもう1枚が置くタイミングはあるけれども、脚部が邪魔で出れない。ってことで真打ちの出番です。
強引に場の整備にいけるし、単品の早出し相手にバーストも節約出来るでしょう。

共振の為に、ほんと最小限のタッチにしてみました。

スクライド単

唯一無二なんですってねwwwww

どう考えても無理なので、結局スクライド単に・・・。
「金色のゴキブリに劉鳳つける」これが全てです。

エターナル・デボーテが、プチ便利なくらいで、後はもうね。
実際、単ならイーリャン、デボーテの共振で十分になってくるので、無常のドローまで見なくてもいい気もしますね。

デボーテと君島でバーストして画面端。

正味、絶影とフォトンブリッツはGですわ。
バーニングサマーとか、ノーブルテンペスト改とかの方が、まだ仕事あると思う。
もういっそアリカ突っ込んで、G安定させてる方がいいんでなかろうか・・・。
それでも「かわいそうやからやめたげてよぅ」と連れが口を揃えるので、今日も絶影さんの首の皮は繋がっています。

リューナイトデッキ

今回は先にひーとさんが上げちゃってて、ポンと出してもつまらないので、変遷をふまえて。

一方その頃ニコチンさんは

初動としては、こんな感じやった。
とりあえず、爆烈丸&疾風丸を置く為に、爆烈丸さんは現役。サルトビさんも、まだ息をしていた。

この状態で、2枚目のもう一つの明日を使って10枚掘りシュテルを囲い、アデュー+ゼファー&マジドーラかガルデン強襲で、一発エンド。

とりあえず、D-3バズーカで無印D-3が捲れて速攻付いちゃった時と、カード効果の読み間違いで本来対象に取れないはずのコマンドクロムバスターを貰った時以外は勝ってた。

結果、両方とも2-1で勝ってたので、いじる必要もないかな?
いやいや、あまりの爆烈丸さんのいらない子っぷりに、全抜きが入ります。
代わりに装填が多少欲しくなったのと、射撃増量でヒッテルセットを使ってみたくなった。ついでにクラッシュドーンはやっぱり3。
ロードゼファーがいい感じなので、カッツェイン。

こうなる

この状態で、↓の積み込みや、連れの嫁さんの青単Ωとやるわけです。

こちら先攻の相手2ターン目、ドロシーでペロ>あぁっ、ぼくのシュテルがーっ!
思わず声に出した。「次のマジドーラ共振で引けた、ぼくのシュテルがーっ!」
4ターン目、C.C.による積み込みで現れたサドン。3枚よこせ>2枚目に・・・。ぼくのシュテルがーっ!

こうなると相当きつい。

青単Ωとも、結局並べる射撃に比重を置いたせいで、聖矢なんかに光牙が付いちゃうと、ロードゼファー+アデューじゃ、クラッシュドーンがギリギリ届かない。手札に2枚腐った。

負けた。負けたらいじる。

クラッシュドーンのこともあるし、何らかの手段でプランが崩された場合、それらの代わりに前で頑張れる1枚が必要。サブプランとして、シャインバラムを絡めた14弾の戦い方、結構重要です。

そして

こうなる。
「シュテルばっかじゃだめよ。」そう言ってくれてますが、ほんとそうだよ。
なんたって2枚パクられちゃってプランダダ狂いなんやもん。

ひーとさんが先にアップしたテンプレートとの差異は、デリンガー、サルトビ、15弾アデュー。

正味、デリンガーとバウルスは、どちらもありと思う。
攻撃的にいくか、ある程度なら防御にも出れるだけの力は作品に付いたと思うので、安定志向で行くか。
デッキとしては防御を思考に入れるようなデッキではないですし、デリンガーは正解に近いだろう。
でも動き的には嫌な感じしないし、バウルスも間違いではなかろうて。
もちろん、両採用っていう案もある。個人的にはそれを目指すつもり。

15弾アデューも今後おそらく入ってくると思います。格闘8が欲しい。
でも、サルトビさんは・・・。使えるタイミングを迎えたことが一度たりとねー。
「ミストロットの餌とかかわいそすぎるやろ!」黒赤ビッグオーとの対戦中に連れはそう言った。
そして4ターン目のシュテルに轢かれていった。

赤黒ビッグオー

ジャッジー!この人積み込みしてますよー!

これがあった方が、ニコチンさんのリューナイトの変遷は面白いので、ちょっと拝借。
足りないパーツもあるけれど、概ね落ち着いたっぽい。

さて、15弾開封日のこと、ニコチンさんは「15弾のカードぶっこむだけでしょ?楽なもんさ」とチャチャっとリューナイトの初動を組んで、連れも「15弾のカードをぶっこむだけでしょ?」とガオガイガーの初動を終えており、他の2名がいろいろ考えている中、暇をもてあましていた。

そんな中、別の連れが組んだ「黒単ビッグオー」が現れる。
「ふふーん。3ターン目にショータイムしてやんよ!」と、1人遊びを始めるも、手札に引いちゃったり、そもそもセットカードを置く用のユニットがマリガンしても来なかったり、セットカードにしようとしたら1枚ずれて本国にいたり。

「む、無理だ・・・。本国トップ弄れんと、この早出しは無理だ。」
身内が口を揃えて言う。だって、誰が回しても綺麗に1枚ずれてんだもん!

とりあえず、「由詫かなみ(8弾)」を擁するスクライドか。この際「イーリャン」でもいい。「サドン」か「クロム」がトップに来るよう操作しろということに・・・。

そんな中、うちらのビッグオー余り資産で出来たのがこれ。

「C.C.(EB1)」やら「偽りの記憶の中で」を使い、手札から本国トップに、サドン、クロムを積み込む。
偽りならば3ターン目が見えるし、C.C.なら4ターン目安定。ロンシュタットもあるでよ。

赤Gは1枚で回る構成なので、初手になけりゃマリガンという、至って簡単なマリガン基準。
1国から4国まで、セットカードを置けるユニットが何かしらいるので、積み込み無しでもひゃっほい!可能。
死んでもドロシー1からまた出てくるというしぶとさもありますね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。